機械バカ一代

機械モノおたくのたわごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

追悼:富沢祥也選手

日本人は皆、期待していましたね。
まぁ・・実際、同じパドックの中に居るとは言っても、
クラスも違えば、立場も違う。 

接点といえば、せいぜい通りすがりに「こんにちわ」と挨拶する程度の自分でしたが、
同じ日本人としては、カタールでの勝利以来、
僕以外にも皆さん大きく期待していたのではないでしょうか?

モト2のレースは、現場のトラック内TVで見ていましたが、
事故の瞬間・・「あれは、ヤバイぞ・・」と思いました。
隣の画面には、レース・インフォメーションが出るようになっていますが、
他のライダー達には、Crashed out -- Rider OKの文字が出るのに、
富沢祥也選手の欄には、Crashed out -- Medical Center の文字が止まったまま、
パドックの中を救急車がサイレンを鳴らして走っていきました。

そしてモトGPクラスのスタート前に、とうとう訃報が伝えられました。

自分のクラスのスタート前に、同じ日本人ライダーの訃報を聞く・・というのは、
17年前、若井選手が亡くなったJerezでの出来事と同じです。

若干19歳の若さで旅立たれた富沢祥也選手のご冥福をお祈り致します。

↓レース関係者としての私的感想も添えておきますね。
追悼:富沢祥也選手…の続きを読む
スポンサーサイト
レクイエム | コメント:0 | トラックバック:0 |

さようなら・・・

今日、また若い命が一つ、「さようなら」の言葉も残さず、逝ってしまいました。

自分にとって見送るのは、もう何度目だろう・・と思いながらも、

遠くイタリアの地から、唯、祈る事しか出来ない自分が悲しいと感じます。

さようなら・・また、いつか向こうで会いましょう。
レクイエム | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。