機械バカ一代

機械モノおたくのたわごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国産レジャーバイクの系譜(その21)

131021_TACT_1980_top.jpg

・・・ホンダ・タクトの登場・・・

さて・・・
1979年、ヤマハの第2代社長、小池久雄は社内外に
「チャンスが来た!オートバイ業界の盟主の座を狙う」と高らかに宣言、
これが・・HY戦争の宣戦布告事件です、というのはパッソルの時に説明しました・・

そのヤマハの宣戦布告に対して、ホンダの解答。。

それが、このタクト発売です。

時は1980年9月4日・・・・

HY戦争における、ミッドウェーと言われるタクトの登場です。
マイナーチェンジ、モデルチェンジを繰り返して2002年まで、
22年間に及ぶロングセラーとなるタクトですが・・
今回は、初代タクト(AB07)に焦点を当ててみました。

国産レジャーバイクの系譜(その21)…の続きを読む
スポンサーサイト
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:3 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その20)

131021_YOUDY_MINI_TOP.jpg

・・・スズキ・ユーディー・ミニ・・・

さぁ・・て、と本業(家庭もね)がちょっと忙しくて更新をサボっていましたが・・続きです。

ファミリーバイク前史(1)でお伝えしたように、
スズキさんには、ミニ50というファミリーバイクが1969年からラインナップされていました。
そのコンセプトは、後のロードパルと「ほぼ同じ」で軽量で女性にも扱いやすく仕上げた物でした。

なぜ、このミニ50がブレイクしなかったのか?
というのも、少々謎なんですが・・やはり、そこはロードパルにおける、
ホンダさんの販売戦略・リソースマネージメントが、あまりにも秀でていた。
と見るべきかと思います。

さて、ロードパルの好調な売れ行きに対応する形で、スズキさんが1978年に発売したのが、
ユーディーミニです。
国産レジャーバイクの系譜(その20)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:2 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その19)

Passol_001_TOP.jpg

・・・パッソルとパッソーラ・・・

もちろん、ロードパルの話の次に、
このパッソルとパッソーラの話が来る事に違和感を感じる人は少ないと思います。

そう、先に発売されたロードパルを見事に追撃する形で、
HY戦争における「パールハーバー」的な印象を持たれるパッソルとパッソーラですが・・・

この2機種が、ヤマハとしては、かつてない程の販売数を築いた背景には、

驚きの真実が隠されています・・・

国産レジャーバイクの系譜(その19)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:2 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その18)

131011_ROAD_PAL_TOP01.jpg

・・・ロードパル発売・・・

1976年発売のホンダ・ロードパルです。

この機種が、どれほどエポックメーキングだったのか?
については、誰一人として疑問を持つ人はいないと思います。

・ファイミーバイク・ブームの火付け役。
・HY戦争の始まり。
・バイクブームの先駆け。

などなど・・確かに、
80年代の国内市場モーターサイクル全盛時代の火付け役となった事は、
疑いようのない事実です。

では、どのような開発経緯・そして販売戦略の上に、
国内市場モーターサイクル全盛時代が訪れたのか。

それを分析してみる事も、まさに今・・大事な事かも知れません。

そこで、ロードパル系統の3車
PALFREY、PALDIN、PAL HOLIDAYまでに、
的を絞って、見てみましょう。


国産レジャーバイクの系譜(その18)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:2 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その17)

131010_CHARRY_TOP.jpg

・・・ファミリーバイク前史(2)・・・

ファミリーバイク、という言葉の定義、話を戻して、

こう定義付けしてみます。

「1965年以降に発売され、
性別を問わず実用目的での使用をターゲットとした、
二種原付までの機種。」

と、してみると、もう一つ本流、「シャリー型」といえる機種群が存在します。

国産レジャーバイクの系譜(その17)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:2 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その16)

131009_little_HONDA_TOP.jpg

・・・ファミリーバイク前史(1)・・・

さて・・ファミリーバイク、という言葉、
一体、どのように定義すれば良いのか・・・?

かなり、頭を悩ませる命題です。。
というのも、まず、この言葉をしっかり定義付けしておかないと、
その後に待ち構える・・

80年代の「機種拡散状態」を乗り切れそうにない・・( ̄o ̄;)ボソッ

まずは、1965年の免許制度の改正まで戻って考えてみましょう。

国産レジャーバイクの系譜(その16)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:1 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その15)

131008_1976_Bobby_LB50_TOP.jpg

・・・ダックス・クローンとCB50系レジャーバイク・・・

まず、DAXクローンとは?・・という所からお話をば。

1969年のホンダダックス発売以来、その人気に便乗しようと、
各社、知恵を巡らせた訳ですが・・基本的な外観。

長めのホイールベース、アップハンドル、長いシート、小径のブロックタイヤ
つまり、大人でもゆったり乗れるミニバイク。
これが、DAXクローンの特徴です。

そういう意味では、スズキのVANVAN RVシリーズも
DAXクローンと言う事もできるんですが、
元々の開発経緯が異なる事や、全く違う個性を演出した点などから、
やはり、VANVANはバンバンなのだ・・と感じます。

国産レジャーバイクの系譜(その15)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:1 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その14)

131007_GT50_TOP.jpg

・・・ホンダの牙城に一矢報いた存在・・(2)・・・

ヤマハ・ミニトレール:14インチクラスの開拓

1970年代レジャーバイクの中には14インチ・クラスという、
モンキーほどは小さくない・・しかし、17~18インチクラスほど大きくない。
という、中間カテゴリーが存在しました。

そもそも、事の始まりは、1970年にヤマハが発売したFT-1に遡ります。


-----------
国産レジャーバイクの系譜(その14)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:7 | トラックバック:0 |

今日の更新は、ちょっとお休み。

いやあ・・・

「国産レジャーバイクの系譜」
連載を始めて・・連チャンでアップを続けていますが、

今日のところは、ちょっとお休み。

なんでか?・・・というと。

ちょっと脳味噌が飽和状態になってきた。。。

前回の予告どおり、1970年代の14インチ・クラスを纏めているんですが、
なかなか・・これも難しい。

あまり、いい加減な内容になっては、
期待して頂いている方々に申し訳ないし・・
かと言って、意図している部分が伝わらない内容になってしまっても、
面白味に欠ける・・・という事で、とりあえず、この週末を使って、
構想を練ってみます・・・( ̄o ̄;)ボソッ


戯れ言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その13)

131004_1971_Suzuki_RV_90_TOP.jpg

・・・ホンダの牙城に一矢報いた存在・・(1)・・・

スズキ・VANVANという、換えられない個性。

最初にはっきり言ってしまいましょう!

このバイク・・・不細工です。

しかし・・乗ってみないと判らない「良さ」があるんです。

そんな、VANVAN RVのお話です。

国産レジャーバイクの系譜(その13)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:1 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その12)

131003_50cc_Engine_TOP.jpg

・・・ホンダ、前傾エンジン群の展開(3)・・・

(〒_〒)ウウウ ・・・まだ、こんなに残ってる。。。

・MOTRA
・JAZZ
・MAGNA 50
・ソロ
・ジョルカブ
・カブラ (オプション)
・赤カブ
・リトルカブ

やっぱり、この「カブ系の発展史」なんかで、
本の一冊も充分書けそうな気もしてきましたが・・

さ~て、頑張って片付けちゃいましょう。


国産レジャーバイクの系譜(その12)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:2 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その11)

131002_mightydax_st90_TOP.jpg

・・・ホンダ、前傾エンジン群の展開(2)・・・

さてさて・・・ε~( ̄、 ̄;)ゞフー・・・

スーパーカブ系の前傾エンジンを使った、
純粋なビジネスモデルである郵政カブ(MD)や、スーパーカブ本流、ニュースカブ
などを除いて、派生レジャー・スポーツモデルが、いったいどれだけあったのか?
ちょっと、挙げてみましょう。

・ハンターカブ系(~CT110)
・スポーツカブ系(~SS50、CD)
・ポートカブ
・C310
・モンキー系(現行)
・ダックス系(ST50~ST90)
・マイティダックス
・シャリー系(50、70)
・SL70系(~XL70)
・MOTRA
・JAZZ
・MAGNA 50
・ソロ
・ジョルカブ
・カブラ (オプション)
・赤カブ
・リトルカブ
・ATC(70,90)

なんと、18系列にも及びます。。(足りなかったら、ご指摘を・・)

さて・・と、元気を出して追記に行ってみましょう。。

国産レジャーバイクの系譜(その11)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:6 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その10)

131002_TOP_001.jpg

・・・ホンダ、前傾エンジン群の展開(1)・・・

スーパーカブC100の発売以来、その優秀な前傾エンジンを使った、
数々の派生モデルが、ホンダのレジャーバイク市場、
独り勝ちの構図を作り上げた事は、お話しましたが、

今回は、どんなモデルが存在したのか、
ざぁ~~と、おさらいしてみましょう。

とは言っても・・あまりにも多種多様。。
本当にホンダさんは、この前傾80度エンジンを見事に使っています。
とても、一回で纏め上げる事は出来そうにありません。
2~3回に分けてお伝えしようと思いますが、

まずは古い年代の話から・・・追記へ。

国産レジャーバイクの系譜(その10)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:1 | トラックバック:0 |

国産レジャーバイクの系譜(その9)

131001_Kaw_COYOTE_1969_001.jpg

・・・他社のモンキーバイク(ミニバイク)について・・・

ホンダのモンキーが産声をあげたのが、1961年・・という事は、
前回、お伝えしましたが、

それから、6年もの間・・・日本でZ50Mが発売されるまで、
他のメーカーは、このカテゴリー自体に見向きもしませんでした。

日本でZ50Aが発売され・・北米ではCZ100が好評を博するようになって、
他社は、「ぼちぼち」と追従を始めます。

まず、最初に行動を起こしたのは、カワサキでした。

1969年、この「COYOTE」で、ミニバイク市場に参入します。
・・・が、ご覧の通り。。。
あまりにも単純かつ、いい加減・・・全く売れず、ゴルフ場の連絡業務に使われる程度でした。

国産レジャーバイクの系譜(その9)…の続きを読む
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。