機械バカ一代

機械モノおたくのたわごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

NAVITIMERの使い方。

BREITLING NAVITIMER
以前の記事で紹介した愛用の腕時計。

BREITLING のNAVITIMER。
付き合いも16年目に突入した、一生モノ確定の相棒です。

時計好きの雑誌などには、「航空計算尺を装備した通好みの時計」と紹介されていますが・・

この時計を使いこなせる人って・・意外と少ない?

と、いう事で使い方の解説です。
さて、デジカメの充電できました・・・

まずは、「航空計算尺」ってなに? という所から。

Jeppesen CR-5
これです。
この円盤をぐるぐる廻すと、色々な計算が出来るようになってます。

NAVITIMERは、これの一部の機能が腕についている、という時計です。

まずは、文字盤の説明から。(例によって画像はクリックで大きくなります)
文字盤
文字盤の内周には、0~60までの数字は不等間隔に並び、
その内側には、タキメーターが刻まれています。
内周には、いくつかのポイントに赤い三角形が刻まれ、
これは計算する上でキーとなるポイントを示します。

●計算尺という以上、まずは、掛け算と割り算をやってみます。
(足し算、引き算は・・・暗算してくださいな。。)

掛け算と割り算は一緒よん。

まずは、4x8=32の計算から。

文字盤の内周10ポイントにある赤三角に40を合わせます。
計算尺の40は、4,40,400,4000のすべてを意味して、
桁の変換は暗算します。

この時、内周の8の反対側には32が来ます。

これが、掛け算の基本です。

同様に、32÷8=4も、外周の32を内周の8に合わせれば、10ポイントに答えが出ます。

この画像では、10ポイントに40が来ているので、外周はすべて内周の4倍値を示します。

※ヒント: 内周の15, は外周の60, 内周の25は外周の10(100)を示します。

●距離換算

距離の換算
では、1海里は何km?という換算方法です。
当然、1海里(Nautical Mile)は1.825kmですが・・じゃあ50NMはぁ?
なんて言われると、えっと・・50x1.825=91.25なんて計算をしなきゃいけません。
そこで、文字盤内周の9時付近にNAUT. とSTAT.という2つの三角が存在します。

例えば、NAUT.に外周の50を合わせると、12時に位置にある60ポイントは90.25

NAUT.=海里(Nautical Mile)
STAT=里(Statute Mile)

で、1NM=1.825km 1M=1.6km です。

例えば、イギリスに渡ると制限速度はマイルで表示されています。
「Speed limit 55M」という感じ・・・
でも自分の車の速度計はkm表示です。
こんな時は、時計をぐるぐるっと廻して、
「あぁ~制限速度は85kmね。」 なんて使えます。

●距離と時間の計算。
これは、掛け算の応用ですが・・

時速100kmで15分間走ると何キロ進むか、
距離と速度の換算
12時付近の60ポイントに速度(100km/h)を合わせ、
内周の数字(15分)に対応する外周を読めば、そのまま移動距離になります。

全く逆に、時速100km/hで300km先に到着するには、何時間?
という計算は、外周の30を見ます・・・キモは、時間は常に(分単位)
対応する内周は、18・・・・・これは、180分を意味します。
180分=3時間。  ほら、できたでしょ?

さて、だんだん航空時計らしくなってきた・・・
●燃費の計算

ちょっと応用です。 お題は、
燃料消費量「32リットル/時間」の航空機で、
対地速度80KIS (ノット),
直線距離650km
を飛ぶには、何リットルの燃料が必要か?

まず、650kmは、何NMか・・
前の例に従って、65を60ポイントに合わせます、 答え=360NM

速度は、80KISなので、80を60ポイントへ合わせます。
360NM飛ぶために必要な時間は、270分=4時間半
燃費の計算
時間あたりの燃料消費量を60ポイントに合わせ、
内周の270分に対応する外周を読み取れば・・・144リットル。


●タキメーターの使い方は、至って簡単。
この機能は、大抵のクロノグラフについてます。

面白い使い方は、高速道路のガードレール上にある距離表示を使う方法。
例えば、東名のガードレール上には1kmごとに「221」なんて書いてある札があります。
これを通過する瞬間にストップウォッチをスタート。
次の札(1km後)を通過する瞬間にストップウォッチをストップ。

ストップウォッチの針が示した値が、「1km区間の平均速度」です。

飛行機での使い方は、対気速度計の補正です。
チャート上のある地点でストップウォッチをスタート、1NM飛んだ地点でストップ。
対地平均速度が出れば、対気速度計の読みと差を計算して、
正対風の成分が抽出できます。


さて、いかがでしょうか・・・?

彼女とのドライブ中、時計をぐるぐるっと廻して・・

「何してるの?」
「いや・・ちょっと燃費の計算・・」
な~~んてやると。。

「まぁ、ステキ・・!」

などど言う事に・・・・・・・・はならないと思います。。(笑)

まあ、この時計くらい使いこなせないと・・
立派な海軍航空隊搭乗員とは言えません。

↑・・・誰がだ・・・・?・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

スポンサーサイト
機械 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Lathe・・・・ | HOME | Turbine・・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。