機械バカ一代

機械モノおたくのたわごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カタツムリと自衛本能

ひからびちゃったのね・・
会社の窓ガラスに張り付いたカタツムリ・・・

よく見ると、中で干からびちゃってます・・・(合掌)

先日、雨の日に窓ガラスに登って、そのまま寝ちゃったんでしょうか?
それか、登っている途中で晴れてきて、緊急避難、
膜を作って中に閉じこもっていたら、強い直射日光で・・・・
どちらにしろ・・・窓に登った時点で彼の運命は決まったようなもんです。

はっきり言えば・・・馬鹿・・・・まぁ自然界では、
このように自己防衛本能が発達していないと自然に淘汰されるようになっている。
という見本みたいなもんです。

↓その他、会社の周りで見つけた「小さな自然」ね。
今年のバッタさん
干からびちゃったカタツムリに対して、毎年着実にやってくるバッタさん。

今年も一段と大きくなって登場です。

とっくり蜂の巣
こちらは、ブロック塀に造られた、とっくり蜂の巣。

なかなか綺麗な形をしてます。

「とっくり蜂」と言うと、Σ('◇'*)エェッ!?・・蜂・・刺すんでしょ?
という人が居ますが・・・・この蜂が人を刺す事はありません。

その代わりに、すごいエグイ技を使います。
大人のとっくり蜂は、花の蜜が主食ですが・・・幼虫の主食は「イモ虫」蛾や蝶の幼虫です。
母蜂は、イモ虫を見つけると、馬乗りになって毒針を刺し、「仮死状態」にします。
これを画像の巣の中に運んで、幼虫の餌として、「仮死状態」のまま長期保存するんです。

つまり・・この美しい形の巣の中では、
イモ虫が仮死状態のまま蜂の子供にムシャムシャ食べられているという、
スプラッタな情景が繰り広げられている訳です。

こんな、コンクリートとアスファルトばかりの様な場所でも、
生き物の生存競争が営まれているんだなぁ・・・・と感じた今日一日でした。

(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
スポンサーサイト
自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヨーロッパ・カマキリ | HOME | ARAGON-GP(その他)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。