機械バカ一代

機械モノおたくのたわごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

モーターサイクルのスタイリング考察 (日本のMC史)

NS号
世界のモーターサイクル・スタイリング史を考える前に、

自分の足元・・日本のモーターサイクル史を見てみましょう。

1903年、横浜のボーン商会がアメリカからミッチェル号というモーターサイクルを輸入します。
それを皮切りに、NSU、ノートンといったモーターサイクルがこの時期日本に輸入されます。

そして1909年、名古屋の豊田自動織機に勤めていた島津樽蔵という人が、
初の国産モーターサイクル、NS号を完成させます。

↓そこから・・1953年までの日本モーターサイクル史

初の国産車、NS号を完成させた島津樽蔵は、その後1912年にはNMC号を完成させ、
現金価格200円~250円で、20台ほど市販しています。

1914年には、宮田製作所がアサヒ号という名称でトライアンフのコピーを造り。

1939年(昭和14年)までには、
JAC、あいこく号、エーロファースト、SSD、アサヒ号、キャブトン、陸王、メグロ、リツリン
と、9社を数えるまで成長し、年間2,500台を生産しています。

1
アサヒ号AA型

6
メグロ Z97

4
キャブトン戦前型

ただし・スタイリングの考察・(そっちが本題だってば、)という観点では、
ほぼ、すべての車両は外国製品のフルコピー、又は模倣製品で、
オリジナル性が見られる例は極端に少ない・・

極端に少ない・・だけで無い訳ではありません。

それが・・
2
アサヒ号、AAデラックス 1935年(昭和10年)

クローム・メッキを多用したゴージャスな外観・・
エンジンの左右をカバーし、長めの前後フェンダーというスタイリングは、

袴を履いて運転しても汚れない。
という発想から生まれた、まさに日本人独特の美意識から生まれた物です。

素晴らしい・・・
昭和10年当時の大学卒初任給は、90円、東京-大阪間の汽車運賃が6円、という時代に

400円以上・・といえば、今で言うと150万円以上の価値というものですから、
きっと走る宝石のように見えたに違いありません。

この車両が物語るのは、当時の日本は急速に海外の技術を吸収し、
模倣からオリジナリティ溢れる工業製品を生み出す過渡期にあったと言える事です。

前2回の戦中編、復興期1946年、でも書いた通り、

その後、日本は不幸な戦争に突入して行きます・・・
そして、戦争が終わった1946年、
前述のようにラビット、シルバーピジョンのスクーターが生まれます。

・・・が。。

この1946年から50年代にかけて、日本には数多くのモーターサイクルメーカーが出現します。

まさしく・・雨後の竹の子状態・・

しかしながら、本題である、「モーターサイクルのスタイリング」という観念から見ると、
日本の戦後復興期のモーターサイクルは・・

はっきり言って・・・見る価値なし。

例えば・・
5
戦後復興期の日本モーターサイクルの代表のように言われる、
このHONDA A型にしても・・・スタイリングとして見れば、1903年に逆戻り・・

なにかと、このモデルが引き合いに出されるのは、今のホンダの原点として回帰的に見られるだけの話で、
単純なモーターサイクルのデザインとしては当時の同じ国産車に比べても・・

凡庸・・としか見えない。

この1940年代の日本製モーターサイクルの中で特筆に値するのは・・

1
これしかありません・・・

社内の物品運搬用として製作された電気スクーターですが、2輪ではなく3輪です。
そして、このモデルはその後、築地の魚市場などでよく見られる、

ターレット 通称:ターレ
へと成長して行きます。

それこそ・・戦前のアサヒ号AA型デラックスのような、オリジナリティのある製品の出現は、

1953年まで、待たなくてはいけません。

3

そう・・1953年発売のベビーライラックです。

まさしく・・戦後初の日本人による日本人のためのオリジナル・デザインと言えるモーターサイクルです。
まだ舗装路の少ない日本の道をたくさんの荷物を積んで走れる丈夫な造り。
しっかりとした造りの荷台とカンチレバー式サスペンション、
調整のいらないシャフトドライブ、クッション性を重視した厚手のサドル。

そして・・なんとも愛くるしいスタイル。

日本が占領統治から主権を取り戻すと同時に生まれた、日本で2つ目の宝石・・
と言ったら、言い過ぎでしょうか?

---1950年代、欧州車全盛の時代へ----
スポンサーサイト
MCスタイリング考察 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<モーターサイクルのスタイリング考察(50年代:ドイツ編) | HOME | モーターサイクルのスタイリング考察(1947~1949)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。