機械バカ一代

機械モノおたくのたわごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国産レジャーバイクの系譜(その21)

131021_TACT_1980_top.jpg

・・・ホンダ・タクトの登場・・・

さて・・・
1979年、ヤマハの第2代社長、小池久雄は社内外に
「チャンスが来た!オートバイ業界の盟主の座を狙う」と高らかに宣言、
これが・・HY戦争の宣戦布告事件です、というのはパッソルの時に説明しました・・

そのヤマハの宣戦布告に対して、ホンダの解答。。

それが、このタクト発売です。

時は1980年9月4日・・・・

HY戦争における、ミッドウェーと言われるタクトの登場です。
マイナーチェンジ、モデルチェンジを繰り返して2002年まで、
22年間に及ぶロングセラーとなるタクトですが・・
今回は、初代タクト(AB07)に焦点を当ててみました。

-----------

さて、1977年のパッソル発売以降・・

女性という新しい購買層はスクーターの良さを再発見し、
ベスパは30万円を超える高値であるにもかかわらず・・
年間1,000台以上の販売実績をあげるようになっていました。

ホンダは、ヤマハへの反撃の武器としてスクーターを有望視、「タクト」を発売します。

やられたらやり返す・・・倍返しだ!!

と言ったかどうかは知りませんが。。

価格はファミリーバイクより若干高めながら、1台10万8千円と、ベスパの三分の一に抑え、
1981年には年間47万台販売され、国内市場でのホンダを業界首位の座にとどめる事になります。

TVのCFには、ピーターフォンダを起用・・
1982年のCMソングは、BANANARAMAが担当します。

<タクト広告>
131021_TACT_ADS_01.jpg

このタクト・・・何が、そんなにウケたんでしょうか?

本当に初期のタクトAB07と呼ばれるモデルは樹脂製のカバー類など・・
パッソル・パッソーラと大して変わらない構成で発売されましたが、
その発売後、すぐに・・豪華版とも言える、フルバック・バージョンが発売されます。

<タクト・フルバック>
131021_TACT_FullBack.jpg


大人気になったのは、こちら・・・

このお洒落で、豪華な雰囲気が一気にスクーター人気を爆発させました。
ベスパの三分の一という価格で、本家に負けずとも劣らない「お洒落」なスクーター。

フルバック仕様ではカラーリングも、豪華なメタリック基調色が採用されます。

なんと言っても、人気の元となったのは、多様なオプション・パーツ群でした。

前後のキャリア、カゴ、サイドバッグから・・

<サイドバッグ>
131021_Side_BAG_001.jpg

<フロント・トランク>
131021_Front_Trunk_001.jpg

レッグシールド内側のキー付きトランク、
スペアタイヤケース風の丸型バッグ(通称:カジュアル・バッグ)や、
フロント・トランクなども用意されました。

<タクト・丸バッグ付き(これはプラモ)>
131021_TACT_PM_BAG01.jpg


1981年には、別体であったサイドバッグをボディ一体とした、フルマークが発売されます。

<タクト・フルマーク>
131021_TACT_FullMark.jpg


やはり、お洒落なメタリック基調色とメッキのモール類、
ホンダは、このタクト・フルマークで国産スクーターの持つイメージを一新させる事に成功します。

さて・・この販売戦略。。。

最初に、パッソル・パッソーラと大して変わらない構成で発売して、
軽くジャブを打ちながら・・除々にイメージを変えていく事で、
完全に市場の主導権を握る・・という手法。

これが、1981年には年間47万台も販売される事になった最大の理由です。
-----------

そして、このタクトを皮切りに・・
カワサキを除く、国内3メーカーは1980年代から現在まで続く、
国産スクーターの黄金時代を突き進む事になります。

確かに、1977年に発売されたパッソルは、
1968年以来、ひさびさの国産ステップスルー・スクーターと言う事が出来ますが、

本当の意味で、国産スクーターが復権したのは、このタクトから。
と言うこともできると思います。

-----------

さて・・お次は・・・80年代原付ブームと取り巻く環境・・・いってみましょう。

スポンサーサイト
国産レジャーバイクの系譜 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<Debian wheezy ノートにFriio+epgrec+mediatombで、Vierraから快適に録画。 | HOME | 国産レジャーバイクの系譜(その20)>>

この記事のコメント

なるほど、確かにホンダはいつも一歩先をいってましたね。タクトで衝撃だったのはメットインタクトでした。オシャレだし、ヘルメットがしまえるし。ヤマハが出したぼくすんは母曰く「不恰好」だったためか、あまり売れ行きは良くなかったような記憶があります。ヤマハ専門店を営み始めた父は「メットインタクトを欲しがる人ばっかりや」と嘆いていました。確かにボクスンは座りにくいシートでしたし。メットインの戦い^_^?の皮切り?にタクトがいたような印象も強かったです^_^
2013-10-23 Wed 01:36 | URL | Ryu [ 編集]
確かにパッソルには、こんなオプションは無かったように思いますね。今でもいいセン行ってるような気がします。ベルーガやサリアンはデカ過ぎたかな。
2013-10-23 Wed 01:41 | URL | Ryu [ 編集]
(ΦωΦ)フフフ…
このタクトも大学生の時に乗っていた。
白のタクトだ。
こいつは友人の奥さんに貰ったものだった。
軽量フライホイール、遠心クラッチなどを交換して、ブレーキパッドも緑のレース用にして速かった。
しかし、盗まれてしまった・・・チャンチャン
2014-01-03 Fri 11:18 | URL | cat2 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。